Angular, Blockchain, Science とか

Angular, Blockchain, Science全般 の情報を主に書いていきます。

プログラミングを挫折して嫌になっている人向けの本のまとめ 

多分、ずぶの素人がプログラミングの勉強するときにいきなりコードの勉強をするのはあんまりよくないんじゃないかと思っていまして、物理とかも同じで、いきなり(受験用参考書で)物理方程式を覚えようとすると大体挫折するんじゃないかと思います。まずはその分野の人が書いている、エッセイとか伝記とかを読んだ方が良いと個人的に思っているので、これからプログラミングの勉強を始めようとしている人向けに、コード(プログラミング言語)の勉強を始める前に読んだ方が良い本をまとめていきたいと思います。

いきなりコードの勉強するとよくあるのが、文法は覚えたけどそのあとどうすればいいかわからない状態、になると思います。なのでまずいろんな本を読んでプログラマーとはどういうものなのか、どういうことをするのか、どういうことをしてきたのか、を知るのが重要になるんじゃないかと、思うわけです・・・。

1、ハッカーと画家 イチオシ

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

超有名な本です。プログラマーで読んだことがない人の方が珍しいかもしれないというぐらい有名です。技術的なことが分からなくても読めると思いますし、プログラマーというものがどういう概念のものなのかを知れると思います。


2、闘うプログラマー イチオシ

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達

OS「ウィンドウズNT」の開発物語。開発現場の現実が分かると思います。


3、ハッカーズ

ハッカーズ

ハッカーズ

スティーブン・レビーも超有名で、古典的名作です。ほかにも「暗号化」や「人工生命」なども書いてますので興味があれば読みましょう。


4、アップルを創った怪物

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝

ウォズニアックも超有名プログラマーで、タイトル通りアップルをジョブスと一緒に創った人です。優秀なプログラマーがどのような考え方をしているのかを知るのも重要です。

5、Joel Spolsky の本

Joel on Software

Joel on Software

More Joel on Software

More Joel on Software

BEST SOFTWARE WRITING

BEST SOFTWARE WRITING

Joel Spolsky はソフトウェア開発プロセスのエキスパートです。三冊とも非常に読みやすいですし、面白いので、気軽に読めると思います。個人的には best software writing が好きです。


その他にも、アイザックソンの「スティーブジョブス」とか、イーロンマスクやビルゲイツの伝記とか、情熱プログラマーとか色々読んでみた方が良いと思います。

ここら辺の本を読んでから、コードの勉強を始めるとだいぶ違うんじゃないかなあ、とおもうんですけどねえ。どうですかねえ。