草プログラマー、それはつまり草

CS 会計 司法試験 英語 bitcoin 数学 物理学 などいろいろなことを勉強してます

IoT 入門書 まとめ 

IoT というかハードウェアは避けては通れないと思うのでいわゆるデジタルファブリケーション、CAD、3Dプリンターや、CNC、回路設計、ファームウェア開発、サーバ開発などについてもプログラマーもある程度は知っておきたいところだと思います。

IoTは流行りというか、まあインターネットにつながっていくのは必然ですのでしっかりと押さえておく必要があります。


サービスのためのIoTプロダクトのつくり方


サービスのためのIoTプロダクトのつくり方

サービスのためのIoTプロダクトのつくり方


この本の著者は実際にスマートウォッチを作って、売っている方なので大変参考になります。

経営者としてのケイケンをもとにプロダクト作りについて書かれているのでハードウェアに関わるすべての人に参考になると思います。



絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用


絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用

絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用

  • 作者: 株式会社NTTデータ,河村雅人,大塚紘史,小林佑輔,小山武士,宮崎智也,石黒佑樹,小島康平
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2015/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る


初心者には参考になるところがたくさんあると思います。

逆に基本的なところしか書かれてないので、電子工作をある程度やっている人にはあまり参考にならないかもしれません。

ざっと目を通しておくといいと思います。



MAKERS


MAKERS 21世紀の産業革命が始まる

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる


非常に有名な本なので読んだことがある人が多いと思います。

まだ読んでない人は読んでみることをお薦めします。

この本も技術的なことよりハードウェア作りの全体像について書いている本です。



「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ



深センで生活をして会社を経営している著者の本です。

中国での開発、量産に興味がある人は必読です。

やはりハードウェアは量産が難しいですね。

ここであげてる本のなかではこの本が1番面白いというか、良くできています。



FabLife デジタルファブリケーションから生まれる「作り方の未来」


FabLife ―デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)

FabLife ―デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)


デジタルファブリケーションによるものづくりの全体像がかかれています。

初心者向けです。

電子工作に興味がある人は取り敢えず読んでみましょう。









より技術的な側面は後でまとめようと思います。

エンジニアにオススメの雑誌 まとめ

エンジニアが情報収集するのに使える雑誌をまとめたいと思います。

雑誌は色々なことが書いてあって以外と新しい発見が得られることが多いです


日経エレクトロニクス


イチオシは日経エレクトロニクスです。

日経は色々な雑誌を出していますが、エレクトロニクスが1番良くできていると個人的には思います。




パワーレポート


DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート)  2018年5月号[雑誌]

DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート) 2018年5月号[雑誌]


自作PCをやってる人には非常に有名なパワーレポートです。

自作しない人もパーツにそれなりに詳しくなるので、ぜひ読んでみましょう。

Kindle ultimate で読めます。


CGWORLD


CGWORLD (シージーワールド) 2018年 05月号 [雑誌]

CGWORLD (シージーワールド) 2018年 05月号 [雑誌]


CGやゲームとかそういうものに興味がある人にオススメです。

結構面白いです。

Blender, Unity, Unreal engine など使ってるひとはぜひ読みましょう。

エンジニアにオススメのマンガ まとめ

エンジニアが読んで参考になるマンガをまとめてみたいと思います。


マンガは手っ取り早く色々な世界のことができるし、読んでいて面白いのでぜひ色々読んでみてください。


大東京トイボックス


大東京トイボックス コミック 全10巻完結セット (バーズコミックス)

大東京トイボックス コミック 全10巻完結セット (バーズコミックス)


ゲーム会社を舞台に開発や暴力表現ないろいろなことに触れられています。

ちょくちょく下ネタもあります。

最後はなんかサスペンスっぽくなりますが、まあ楽しく読めると思います。


NEW GAME


NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)

NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)


アニメ化もされている作品です。

今日も1日頑張るぞい、のやつです。

かなりゆるい雰囲気です。

絵もきれいです。かなり幼い感じですが。

ゲーム作り(グラフィック)について少しだけ突っ込んでます。


ハルロック


ハルロック(1) (モーニングコミックス)

ハルロック(1) (モーニングコミックス)


電子工作に興味がある人にはもってこいです。

電気電子に詳しくなくても楽しく読めると思います。

結構、電子工作をちゃんとやってます。

勉強にもなるので電子工作をやりたいけど何をやればいいかわからないという人は最初に読んでみるといいと思います。

初心者はマンガを読めば色んなセンサー、部品があることがわかると思います。


87CLOCKERS

87CLOCKERS コミック 1-9巻セット (ヤングジャンプコミックス)

87CLOCKERS コミック 1-9巻セット (ヤングジャンプコミックス)


のだめカンタービレの二ノ宮さんの作品です。


オーバークロックについて扱っています。

コンピュータに詳しくなくても楽しく読めますし。自作PCにも興味が出てくると思います。

結構恋愛マンガでもあるので、気軽に読んでみてください。まあ個人的にはもっとコンピュータやCPUにつっこんでほしいんですが。


パーツのぱ


パーツのぱ コミック 全10巻完結セット (電撃コミックスEX)

パーツのぱ コミック 全10巻完結セット (電撃コミックスEX)

自作PCのパーツ屋を舞台です。

PCパーツに興味がある人にオススメです。

全巻読みましょう。



わがままDIY



自作PCについてのマンガです。

雑誌パワーレポートで連載されているマンガの単行本です。

自作PCに興味がある人にはパワーレポートは必読だと思います。

わがままDIYも良くできています。


とろける鉄工所


とろける鉄工所 コミック 1-10巻セット (イブニングKC)

とろける鉄工所 コミック 1-10巻セット (イブニングKC)


タイトル通り鉄工所が舞台です。

個人的には1番好きです。

内容も面白いですし、こういう感じの女の子の絵が私は結構好きだったりします。

マンガでわかる溶接作業

マンガでわかる溶接作業

こちらもオススメです。

溶接について少し詳しくなれます。

実際にやってみるとかなり難しいです。溶接。





私が知っているのはこの辺りです。

他によい作品を知っている人がいたら教えてください。

制御工学 入門 オススメ動画・本まとめ

制御は工学の基本ですからその概念をしっかりと勉強しておかなくては行けません。

フーリエ・ラプラス変換がわかっていれば基本的なことはすぐにできるようになると思います。

制御工学は慶應大学の講義動画がyoutubeにあるので初心者は取りあえず見ておくといいと思います。

制御工学の動画は探せば他にも出てきます。


慶應大学講義 制御工学同演習第一回 力学系をフィードバック制御する




本だとKS理工学専門書のはじめての制御工学・現代制御工学がオススメです。


はじめての制御工学 (KS理工学専門書)

はじめての制御工学 (KS理工学専門書)

  • 作者: 佐藤和也,平元和彦,平田研二
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログを見る
はじめての現代制御理論 (KS理工学専門書)

はじめての現代制御理論 (KS理工学専門書)


両方とも読みやすいので独学でいけます。

制御の基本はこの二冊で十分なんじゃないかなあと思います。



読み物としてはブルーバックスもよんでおくといいかもしれません

制御工学の考え方―産業革命は「制御」からはじまった (ブルーバックス)

制御工学の考え方―産業革命は「制御」からはじまった (ブルーバックス)

制御という概念をつかむにはもってこいの本です。

1番最初に読むといいかも

偏微分方程式 オススメ本・動画 まとめ

微分方程式は物理や工学系で非常に重要なので、しっかりと勉強しておかなくてはいけません。

偏微分方程式も基本的なことはそんなに難しい訳ではありませんので、常微分方程式の時と同じように気楽にやるといいと思います。

偏微分方程式は慶應義塾大学の講義動画、分布系の数理があるので、大学で講義をとってない人はそれを見てから本を読むのがいいと思います。


慶應大学講義 理工学部 分布系の数理 第一回 拡散型の問題

スタンリーファーロウの本も読むことをお薦めします。



フーリエ解析と偏微分方程式


フーリエ解析と偏微分方程式 (技術者のための高等数学)

フーリエ解析と偏微分方程式 (技術者のための高等数学)

  • 作者: E.クライツィグ,Erwin Kreyszig,近藤次郎,阿部寛治,堀素夫
  • 出版社/メーカー: 培風館
  • 発売日: 2003/11/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る


クライツィグの本は工学をやっていく上で必要最低限のことが分かりやすくかかれているので、工学系の人にはオススメです。

独学にも向いています。

工学系の人はクライツィグを本には目を通しておくといいと思います。



偏微分方程式


偏微分方程式―科学者・技術者のための使い方と解き方

偏微分方程式―科学者・技術者のための使い方と解き方

  • 作者: スタンリーファーロウ,Stanley J. Farlow,伊理正夫,伊理由美
  • 出版社/メーカー: 朝倉書店
  • 発売日: 1996/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 46回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る


スタンリーファーロウの有名な本です。

個人的にはこれが1番好きです。

読みやすいですし、結構いろいろなトピックを扱っているので、これ一冊読んでおけば取り敢えずOKです。

これを軸に学んでいくのがいいと思います。


偏微分方程式


偏微分方程式 (理工系の基礎数学 4)

偏微分方程式 (理工系の基礎数学 4)


この本というか、このシリーズ扱っている内容が結構広いので、数学や物理系の人にオススメです。

このシリーズもとりあえず読んでおく価値があると思います。

やや難しいですが、余裕のある人は読むといい思います。

無理して読む必要はありません。





体調管理の方法がわからない

最近どうにも体調がすぐれなくてなかなか進捗が出ない状況が続いているので、なんとかなんとか健康になれるようにいろいろ調べています。

主に睡眠と腸があんまりよくなくて、ヨーグルトとか食べたら腸は大分ましになってきたのですが、寝たいのに眠れないことがあってなかなか辛いです。

かなり不規則な生活をしているのでやはり寝る時間は固定した方がいいのかもしれません。

医学や薬学、栄養学はさっぱりなのでこれをきに少し勉強してみようかと思います。

乳酸菌とか全然よくわかってないので、

どれが効いてどれがデマなのか判断できる知識を付けておかないといませんし。

よく眠れる方法とかあるんですかねえ

常微分方程式 オススメ本・動画 まとめ 

微分方程式は物理や工学では必須で最も重要な分野のひとつです。

特に物理系の人は微分方程式は妥協せずに出来る限り多くのリソースをさくべきだと思います。

微分方程式は多くの人が毎日いじくり回すことになるので計算練習もちゃんとしておくべきでしょう。

ここでは常微分方程式についてまとめていきます。

微分方程式は物理の勉強をしながら学んでいくのが普通だと思いますので、そのなかでも京大の振動波動論は参考になると思います。


京都大学 全学共通科目「振動・波動論」前川覚教授 第1回講義2012年4月13日

常微分方程式の講義動画はネットには日本語のものは今はないみたいです。



常微分方程式 キャンパス・ゼミ



たぶん、1番読みやすいですし、以外といろいろなことをあつかっていて内容も充実しています。

取り敢えず一階微分方程式と二階微分方程式、高階微分方程式の章が理解できれば必要最低限はOKだと思います。

独学に向いてると思います。

ちなみにマセマはこれと、解析力学、統計力学がオススメです。これを読んでから他の本を読むのがいいです。


徹底攻略 常微分方程式


徹底攻略 常微分方程式

徹底攻略 常微分方程式


こちらも初心者向けです。

この本は実際の物理、工学の例を出しながらなので分かりやすいかもしれません。

独学には向いていますが、扱っている内容はそこまで広くありません。

ただ工学系の人はこのぐらいの内容でもなんとかなるかも。




常微分方程式


常微分方程式 (理工系の数学入門コース 4)

常微分方程式 (理工系の数学入門コース 4)


このシリーズはどれもよくできていて理工系で最低限必要な数学を学ぶことができます。

読みやすいし、最低限のところは扱ってあるので目を通しておく価値はあると思います。

ただ新しい発見はないと思います。

復習用とかにいいかもしれません。



常微分方程式(技術者のための高等数学)


常微分方程式 (技術者のための高等数学)

常微分方程式 (技術者のための高等数学)


有名な本です。

工学者向けの本なので難しいことは扱っていません。

マセマ読んだあとならすぐ読めると思います。

この本も独学向きです。

クライツィグの本はどれも読みやすく、工学に必要最低限のことはのっているのでたの本も読む価値があります。






上であげた程度の常微分方程式であれば習得はそんなに大変ではないと思うので、終わったら偏微分方程式に移りましょう。

ここであげた本のなかでは個人的にはマセマが1番役に立ちました。読みやすいし、扱っている内容もこの中では1番広いので。

偏微分方程式は慶應大学の分布系の数理がyoutubeにあるのでそれを見てからスタンリーファーロウやクライツィグの本を読むのがいいと思います。


慶應大学講義 理工学部 分布系の数理 第一回 拡散型の問題


マセマ侮るべからず。




Copyright © 2016 へなちょこプログラマー All rights reserved.