へなちょこプログラマー

CS 会計 司法試験 英語 bitcoin などいろいろなことを勉強してます

公認会計士試験 教材到着

昨日、公認会計士試験の教材が到着しました。


f:id:firesparrow:20180224182603j:plain


こんな感じです。

財務会計1と管理会計1と監査論1と問題集三冊です。講義動画はmicroSDカードで、タブレットで見ています。


今のところは順調なスタートです。


短答試験まであと9ヶ月しかないのでペースあげていきたいと思います。


講義やテキストについては、ある程度やりこんでから感想を書いていきたいと思います。


取り敢えず、監査論と財務会計論から進めていきたいと思います。

やること多すぎて死にそうですが頑張っていきます。

公認会計士の勉強を真面目に始めた話

最近、簿記二級の知識がある程度ついてきたので、公認会計士試験の勉強を始めました。その事について少し書いていきたいと思います。

公認会計士試験の勉強を始めた理由


特にこれといった理由はないんですねえ、これが。

実は会計士になるつもりは全くありません。

もともと自分で起業したいとずっと思っていて、なにかWebサービスやらアプリケーションやらハードウェアやらを作って生きていきたいんです。


ですが、実際のところ起業して成功するのはそう簡単なことではないことは知っているので、

なにかビジネスに役に立ってかつ、潰しのきく資格がないかなあと考えていたところ、公認会計士はなかなかいい資格なのかなあ、と思った次第です。

ちなみに本当は2019に司法試験予備試験を受けるつもり立ったのですが、予備試験はやっぱり2020年にしようと思います。

まあこんな軽い気持ちで受けるというと怒られてしまいそうですが、もともと勉強するのは嫌いじゃないので、頑張っていきたいと思います。

予備校はどこか

お金が全然ないし、会計士になるという強い願望があるわけではないので、

大原やTACのように60~70万とか払うのは嫌なので(それに新興の通信予備校な60万で司法試験と公認会計士の両方受講できますし、まあ外れを引く可能性もありますが)、

できるだけ安いところを探した結果、

資格試験のfinというのをみつけまして、ここだと248000円でこのぐらいなら出せそうなので(月収飛ぶけど)、finで頑張ろうと思います。

FINはネットでほとんど情報がないのですが、無料の簿記3級・2級講座は丁寧で分かりやすかったので、

あと講師の人はTACにいた頃、人気だったみたいなのでまあ大丈夫かなあ、と思いまして。

FINの情報がネットにほとんどなくてそこだけ困ったので、私がFINの情報を今後、積極的にあげていきたいと思います。


とりあえず、今は配送されてくるのを待っているところです。

2018年12月の短答試験に向けて頑張っていきます。


今後は会計士試験についても書いていこうと思います。

JavaScript おすすめ本 入門から中・上級者まで

Webをやる人のほとんどがJavaScript を使います。WebをやるつもりならJavaScript は必須だと思います。

JavaScript はそこまで難しいわけではないのではじめてプログラミングするひとにもおすすめな言語です。

はじめてWebをやる人

はじめてWebをやる場合はhtml css から勉強しなくてはいけません。Webがどんなものかを一通り学ぶなら、以下に本がおすすめです。

これからWebをはじめる人のHTML&CSS、JavaScriptのきほんのきほん

これからWebをはじめる人のHTML&CSS、JavaScriptのきほんのきほん

大変やさしく書かれていて、見やすく、わかりやすいのでおすすめです。また、HTMLとCSSの基本に加えて, スマホ対応、Ajax, jQuery, JSONといったものまで含まれており、これからWebをはじめる人に最適だと思います。

Webでつかう HTML/CSS/JavaScript を事前知識のない人が学ぶ際にとても良い本です。


二冊目には

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 (確かな力が身につく「超」入門シリーズ)

確かな力が身につくJavaScript「超」入門 (確かな力が身につく「超」入門シリーズ)

がおすすめですが、若干詰め込みすぎな感じがします。楽しく読める本なのでわからないところはとりあえず飛ばして、短期間で一週してみるといいとおもいます。いろいろなトピックを扱っているのでいろいろなことを学べます。

効率よくJavaScript を学べると本


何らかのプログラミング言語を学んだことがある人が効率よくJavaScript を学ぶなら

開眼!  JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

がおすすめです。

非常に薄い本ですが、内容はとてもいいです。がある程度プログラミングをやったことがないと理解に苦しむと思います。

オブジェクトやクロージャーなど他の本では理解が難しいところを理解できるようになります。

JavaScript を深く理解するための本


JavaScript 第6版

JavaScript 第6版

サイ本はJavaScript のバイブルのような本です。

非常に分厚く、読みごたえがあり、扱っている内容も広いのでじっくり時間をかけて読み込むのがいいとおもいます。ただ少し前の本で最近のことは扱っていないのでそこは注意が必要です。まあ、それでもJavaScript をやるのであればサイ本は読む価値があると思います。


本格的にJavaScript をやるのであればサイ本は読むべきでしょう。

JavaScript でサーバサイドをやるなら


JavaScript でWebサーバや、Webアプリケーションやコマンドラインアプリケーションの構築、をするなら、Node.js がおすすめです。

Nodeクックブック

Nodeクックブック

Node の本ならオライリーのNodeクックブックが1番いいでしょう。

フロントエンドもサーバサイドも両方JavaScript でやるのもいいと思います。


最後に

JavaScript はWebやゲームなどを簡単に楽しく作れるものなので、いろいろなフレームワークをいじりながら楽しく学ぶのがいいと思います。

JAVAのおすすめ本まとめ 入門から中・上級者まで

今回は非常に有名なJAVAの書籍を紹介していきたいと思います。

JAVAは多分1番利用者が多いプログラミング言語で、よくシステム開発で使われています。

JAVAをマスターすれば非常に多くのことができるようになりますし、C++と比べればはるかに簡単なので、最初のプログラミング言語としてもおすすめです。

JAVAは有名なため書籍やネットでの情報も多いので効率よく学べると思います。

入門書


JAVAには非常に多くの入門書がありますが、初心者に最も適切なには間違いなく

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

でしょう。自信を持ってお薦めできます

非常に分かりやすいし、面白いし、最高です。

私がプログラミングを始めたときにまず他の某本(堅いやつ)でJAVAの勉強を始めたのですが、その本では全く理解できず挫折しかけたのですが、この本に出会いあまりの分かりやすさに感動した記憶があります。

はじめてプログラミングをやる人はこれを選べば間違いないでしょう

二冊目は同じシリーズの

スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)

でいいとおもいます。このぐらいのことは知っておかなくてはいけません。


中級本


まず非常に有名な effective java を読むべきでしょう。

EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series)

EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series)

もしかしたら少し難しく感じるかもしれませんが、読み込んでしっかりと消化しましょう。

effective java を読んだことがない人の方が珍しいぐらいだと思います。

もう一冊のおすすめは

Javaでなぜつくるのか  知っておきたいJavaプログラミングの基礎知識

Javaでなぜつくるのか 知っておきたいJavaプログラミングの基礎知識

です。JVM、オブジェクト指向、メモリーの管理、ソースの再利用、標準化、コミュニティなどなどいろいろなことを学べます。

JAVAの何がいいのか、どういうメリットがあるのかもわかると思います。

応用


オブジェクト指向言語を使用するなら、デザインパターンについても知っておいた方がいいので、デザインパターンについての本も一冊読んでおきましょう。

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

デザインパターンの本ではおそらく結城氏の本が1番分かりやすいと思います。ただちょっとむずかしいです。頑張ってよみましょう。


またオブジェクト指向があまりよく理解できないという人は、

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

こちらを読むといいとおもいます。

オブジェクト指向はしっかりと理解する必要があるので、時間をかけてしっかりと学びましょう。

最後に

JAVAで大抵のことはできますが、もっと低レベルなことがしたいのであればC言語などを学ぶ必要がありますが、まあ本当に大抵のものは作れるのでとりあえずJAVAをしっかりと学びましょう。

PHP入門おすすめ本 初心者から中級・上級レベルまで

プログラミングを初めてするひとに特に人気なプログラミング言語がPHPです。

PHPは比較的簡単にりかいできるので初心者に人気で、webでなにか作ってみようという人やwordpressでブログをやろうと思っている人はとりあえずphpの勉強をしてみるのがいいと思います。

ここでは初めてプログラミングをやる入門者からある程度高度なレベルの本まで紹介していきたいと思います。

初めてプログラミング言語の勉強する人


初めてプログラミング言語の勉強する人の場合は本当に丁寧にかかれている本を読むべきでしょう。

おすすめは


いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

挫折しようがないくらい丁寧にかかれています。が、内容は本当に基礎の基礎です。この本をやるだけでプログラミングが出来るようになるわけではないですが最初の一冊としてはなかなかいいと思います。

もうひとつのおすすめは

スラスラわかるPHP

スラスラわかるPHP

こちらの方がphpをよりしっかりと理解できると思います。スラスラわかるPHPはちゃんとしたプログラミング言語の本といった感じです。

PHPのことをより網羅的に理解できると思います。

入門書をもう一冊あげるとしたら

やさしいPHP 第3版 (「やさしい」シリーズ)

やさしいPHP 第3版 (「やさしい」シリーズ)

こちらも非常にわかりやすいのでおすすめです。

初めてプログラミングをする人は、まず最初にいきなりはじめるPHPをやり、そのあとにスラスラわかるPHPかやさしいPHPをやるのがいいと思います。


SQLの勉強もしよう

Webサービスを作るにはデータベースの勉強もしなくてはいけません。SQLの本は一冊は読んでおきましょう。

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

この本が1番分かりやすいと思います。分かりやすさも内容も良く、非常にいくできています。

応用編


応用といっても難しいという意味ではありません。PHPを使って実際にwebサービスを作っていく場合、Webフレームワークやwordpressを使っていくことになるので、そういう本をいくつか紹介しておきたいと思います。

PHPフレームワーク Laravel入門

PHPフレームワーク Laravel入門

Laravelは有名なフレームワークで簡単に完成度の高いものを作れるので、どのフレームワークを使うか考えている人はとりあえずまずこの本を読んでみるといいと思います。


WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]

Wordpressの使用を考えている人も多いと思います。wordpressを使いこなすにはphpの理解が必須です。


少しレベルにの高い本

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

少し難しくて少し読みにくいですが、かなり深いレベルでPHPを理解できると思います。ただやはり少しむずかしいです。

最後に


PHPは基本的にWebしかできないので、プログラミングに興味をもってもっといろいろなことをしたいと思った人は、C言語やJAVAなどのプログラミング言語もべんきょうしてみましょう。

大学受験レベルの英単語 おすすめ参考書 センターから難関大学レベル

大学受験レベルの英単語(センターから難関大学英検準一級レベル)のおすすめ参考書を紹介していきたいと思います。

イチオシの単語帳


DUO 3.0

DUO 3.0

イチオシはDUOです。これがおそらく一番効率的に受験レベルの英単語を学べると思います。私は英検一級の単語を覚えてから復習として使いましたがなかなかうまくまとまっていると思います。

英検準一級の単語帳


出る順で最短合格! 英検準1級単熟語EX

出る順で最短合格! 英検準1級単熟語EX

  • 作者: ジャパンタイムズ,ロゴポート
  • 出版社/メーカー: ジャパンタイムズ
  • 発売日: 2016/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準一級の単語の方が若干難しいかもしれませんがこれぐらいは知っていると安心でしょう。
個人的にはパス単よりEXの方が例文が簡単で効率よく覚えられるので好きなのですが、まあどちらでもいいと思います。

有名な単語帳


英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

ぶっちゃけ個人的にはシス単とターゲットそんな大差ないんじゃないかと思ってます。個人的には英検のEXシリーズの方が好きですが、シス単もターゲットも世間での評価は高いんので使いたい人はどうぞ。英検のEXやパス単ならそのまま英検一級のEXやパス単にいけるのでそっちの方がいいと思います
先のことまで考えて参考書を選んだ方がよいでしょう。


速読英単語 1必修編 改訂第6版

速読英単語 1必修編 改訂第6版

速単は私が高校生の時にすごい使っていましたが、正直効率悪かったですね。まあ英文の中じゃないと覚えられないと言う人は使えばよいと思いますが、一般的な単語ー日本語訳ー例文で覚えられる人はそっちの方が効率ははるかにいいと思います。

最後に


このレベルの英単語では実際に英語でニュースを聞いたり、本を読んだりするにはまるでたりませんのでそこは注意してください。さっさと覚えて英検一級の単語帳に移りましょう。もうひとつ上のレベルの英単語については以下を参考にしてください。

www.neuralsparrow.com

初心者向け ビットコインおすすめ入門書 暗号通貨(仮想通貨)ブロックチェーンの世界へ

ビットコインは2017年に価格が大きく上昇し、メディアでもたびたび取り上げられ、コインチェックの580億円(の価値のNEM)が流出した事件もありほとんどの人はビットコインを代表する暗号通貨(仮想通貨)について聞いたことがあると思います。

しかし、残念ながらその仕組みや思想設計などを理解している人は少なく、またこの業界はスキャム(詐欺)やハイプ(過大広告)が多いのでビットコインを誤解してしまったり、逆にスキャムやハイプに引っ掛かり大金を失ったりする人が後を絶ちません。

なのでここではビットコインの仕組みやビットコインが今後社会に与える影響を学ぶために最適な本を紹介し皆さんを暗号通貨の世界へいざないたいと思います。*一応言っておきますが、ネットで絶対儲かるとかリスクなしで何十倍になるとか書いてある奴は100%スキャムまたはハイプなのでそういうのを参考にしてはいけません

最初の一冊


必ず読まなけらば行けないのが mastering bitcoin ですが(後で紹介します)この本は技術者を想定して書いているのでコンピュータサイエンスを学んだことがない人にはなかなか難しいと思います。ですので非技術者最初一冊としておすすめなのはデジタルゴールドです。

デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語

デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語

これはビットコインの歴史を知るのに欠かせない一冊です。この本はブロックチェーンや、PoW等、仮想通貨技術に関する前知識が無くても読める本で技術的な理解が深まるわけではありませんがその技術の可能性を知ることができると思います。
単純に読み物として面白いのでビットコインに興味がある人は是非読んでいただきたいです。

ビットコインの技術の可能性を知る本


昔からビットコインについて語っている経済学者の野口先生の本も一冊よんでおくといいと思います。

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現


この本も技術的なことよりもむしろ社会に与える影響について書いてあります。
今後ブロックチェーンというビットコインに使われている技術が社会をどのように変えていくかということに興味がある人におすすめです。

技術・仕組みを理解する


ブロックチェーン 仕組みと理論  サンプルで学ぶFinTechのコア技術

ブロックチェーン 仕組みと理論 サンプルで学ぶFinTechのコア技術

  • 作者: 赤羽喜治編著,愛敬真生編著
  • 出版社/メーカー: リックテレコム
  • 発売日: 2016/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


いちばん分かりやすいのはたぶんこの本だと思います。技術について全く知らないという人はもしかしたらこの本でも少し厳しいかもしれませんが頑張れば読めると思います。

そして読まないやつはもぐりと言われているのが

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

こちらのMastering Bitcoinです。英語が読める人はGithub上で無料で読めますが、英語弱者は日本語訳の本をおとなしく買いましょう。
なかなか読み応えがありますが、本気でBitcoinを理解したいのであれば避けては通れない一冊です。何度も読み込みましょう。

最後に

最近はビットコインや他の暗号通貨(仮想通貨)の投資(主にトレード)に興味がある人が多いようですがこの業界はスキャムがほんとに多いので、必ずファクトチェックをしてください。BitFlyerなどでトレードするにしても非常に価格の乱高下が激しいので必ず余剰資金で行うようにしてください。

この技術は今後10年20年かけて社会に浸透していくものなので早まらずに長い目で見ていきましょう。

Copyright © 2016 へなちょこプログラマー All rights reserved.